御報告|ミャンマー/ビルマ ご遺骨帰國運動

寄付金受入れ継続のお知らせ(2014/12/28)

平成26年10月の時点で日本政府主体の少数民族地域におけるご遺骨調査が平成26年度中に開始される見込みでした。
これに基づき当運動としての調査費用勧募の受入れを平成26年12月末をもって終了するお知らせを致しました。
しかしながら日本政府主体の調査が次年度以降に行われる予定になりました。従いましてご英霊の一日も早いご帰國実現のために当運動として調査を継続することとなりました。
そのための調査費用として当面の間、多くの皆様からご寄付をお受けするここと致しました。事情をご賢察いただき今後もより一層のご支援をお願い申し上げます。

寄付金勧募終了のお知らせ(2014/11/18)

この運動は多くの方々に支えられてまいりました。頂戴しました寄付金を現地調査費 に用い、各地で確度の高い貴重な調査結果を得てまいりました。 と同時に日本政府には当該地域における本格調査が実施されるように働きかけを続け てまいりました。 おかげをもちまして戦後69年を経て未だに調査すら成し得なかったミャンマー少数民 族地域における日本政府による本格調査が実施される運びとなりました。 当運動の成果が確実に日本政府に引き継がれます。これもひとえにさまざまな形でご 協力いただいた全ての方々のご尽力によるものです。 なお日本政府による調査団派遣は「平成26年度内」に始まります。詳細な時期と場所 は今後発表されますので注視下さい。 また現在調査中の地域(モン州北部、ラカイン州、カヤー州、チン州)が当運動とし て行う最後の地域となります。 従いまして当運動における所期の目的を達するため、予備調査を目的とした寄付金勧 募は「平成26年12月31日」をもって受付を終了致します。 また調査費以外の残金につきましては慰霊・供養に使わせていただくことと致しま す。これにつきましては追ってご報告申し上げます。

以上、お知らせいたします。

寄付金状況(2016/4/7現在)

寄付549件 総額45,642,579円


お添え頂いたメッセージ


○父もインパール作戦で戦死しました。少しでもお役にたてればと思います。(茨城県 男性)

○ご講話ありがとうございました。一日でも早く帰國なりますようお祈り致します。(福岡県 男性)

○少しですが役立てて下さい。(福岡県 女性)

○はじめましてお便り申し上げます。ビルマ戦線のことは長く心にかかっておりました。先般、新聞でこのことを知り、心・安堵の思いでございます。これは些少でございますがお納め下さいませ。御英霊様のことお願い致します。(山口県 女性)

○ほんの少しですがお役立て下さい(東京都 男性)

○ご活動を知り、とても嬉しく思いました。これからも応援させて下さい(東京都 男性)

○趣旨に共鳴し、少しですが寄付させていただきます(大阪府 女性)

○少額ですが使って下さい。いつかお手伝いできる日を願っていました。(東京都 女性)

○私の父はインパール作戦に駆り出されました。1946年6月帰還し、85歳で亡くなりました。ささやかですが寄付させていただきます。(京都府 女性)

○私の叔父もニューギニアにて戦死致しております。(大阪府 女性)

○ご活動に敬意を表します。(千葉県 法人)

○運動にご活躍ありがとうございます。(宮城県 男性)

○祖国日本国のために尽くされた御英霊に敬意を表します。ご遺骨帰國運動を通じて皆様ともどもに安らぎがあらんことを祈ります。苦難の世情においても大切なことを見捨てなかったご遺骨帰國運動の方々に敬意を表します。(京都府 男性)

○おひとりでも多くご遺骨がお帰りなられる様、願っております。(熊本県 女性)

○わずかですが募金させて下さい。全ての御遺骨が帰国できますよう願っております。(埼玉県 男性)

○大変感銘を受けました。どうか何もできませんが、お国の為に尊い命を犠牲にされた多くの方々の為に御尽力頂きます様、何卒よろしくお願い申し上げます。(茨城県 女性)

○ご英霊の一日も早いご帰還を祈り、皆様には深謝いたします。(東京都 女性)

○ビルマに眠る日本軍兵士のご遺骨が一日も早く祖国日本に戻られることを祈っています。(熊本県 男性)

○ご苦労さまです。今後ともご活躍をよろしくお願いします。(大阪府 男性)

○現地でご供養する際には、ミャンマー人(ビルマ人)の戦死者も一緒にご供養していただけたらと思います。(神奈川県 男性)

○新聞、インターネットで運動の趣旨を知り、ささやかながら協力させて頂きます。この運動が実を結び、少しでも多くのご遺骨が帰国できることを祈ります。(福島県 男性)

○よろしくお願い致します。(神奈川県 男性)

○早く日本にお戻りになられますように。(宮城県 女性)

○亡き戦友の爲に  (千葉県 男性)

○かつてビルマ戦線で戦った94才の戦友です。お帰りなさい!!  (群馬県 男性)

○戦後68年を迎え、一刻も早い遺骨の帰国を祈ります。私も第31師団124連隊の一員でインパール作戦に参加し、多数の戦友が戦死しています。少額ですがよろしく願います。 (福岡県 男性)

○わずかですが役立てて下さい。  (大阪府 女性)

○皆様の活動を誇りに思います。少額ですがよろしくお願い申し上げます。(新潟県 男性)

○一日も早く日本に帰ってこられますように。 (栃木県 女性)

○お世話になります。私の祖父の遺骨がミャンマー(ビルマ)に眠っています。よろしくおねがいします。 (徳島県 女性)

○亡くなった父がビルマに行っていました。生きていたらきっと寄付したと思います。娘の私が少しですが寄付させて頂きます。  (京都府 女性)

○小生の兄はビルマで戦病死、遺骨は未だに帰還していません。よろしくお願いします。 (東京都 男性)

○よろしくお願い申し上げます。 (東京都 男性)

2016年

03月15日  当運動幹事であり、現地で活動している井本勝幸の講演会『ご遺骨帰還までの道のり』が東京で開かれました。(詳細は、こちら)
03月13日  当運動幹事であり、現地で活動している井本勝幸の講演会『この男の熱き魂に触れろ!』が大阪で開かれました。(詳細は、こちら)
03月10日  当運動幹事であり、現地で活動している井本勝幸の講演会『ついにご遺骨の帰国実現へ』が福岡で開かれました。(詳細は、こちら)
03月05日  当運動幹事であり、現地で活動している井本勝幸の講演会『ミャンマーを平和へ導いた”ゼロファイター”』が熊本で開かれました。(詳細は、こちら)
03月04日  厚生労働省にて記者会見を行いました。(詳細は、こちら)

2015年

09月29日  厚労省大臣がミャンマー入りし、マンダレー「ザガイン・ヒル」並びにヤンゴン「ビルマ平和記念碑」に拝礼予定。
09月18日  現地より報告:内戦継続のためにこれまで調査が行えなかったカチン州や北部シャン州でも調査を開始する道が見えて参りました。
これから新たに始まるところ有り、引き続き継続調査を行う個所有りで、11月頃と予想される厚労省からの派遣調査団以前にできるだけ多くの調査結果を残すべく、9月から10月ないしは11月に亘って一挙に総仕上げの調査を行うべく検討中です。
09月11日  懸案の「戦没者の遺骨収集の推進に関する法律案」が9/11(金)衆議院厚生労働委員会にて諮られ、新法案の成案を決定し、これを委員会提出の法律案と決しました。同日衆議院本会議に緊急上程され、全会一致にて可決、参議院に送られました。
新法の施行は本年10/1からとなっています。本国会は会期末まで切迫した状況ですが、参議院での可決が待たれます。
05月30日  KBCラジオ(福岡1413khz、北九州720khz、大牟田・行橋1485khz、パソコンやスマホの「radiko」では全国で聞くことが可能です)にて、『「ミャンマーのゼロファイター」~70年後の日本兵遺骨調査~』と題して、当運動幹事井本勝幸の活動を紹介する番組が放送されます。
05月29日  KBC(九州朝日放送)にて午前10:40から11:35まで、『「ミャンマーのゼロファイター」~70年後の日本兵遺骨調査~』と題して、当運動幹事井本勝幸の活動を紹介する番組が放送されます。
05月22日  NHK「おはよう日本」(関東甲信越地方)にて当運動の活動が紹介されました。
05月19日  朝日放送「報道ステーション」にて当運動の活動が紹介されました。
05月13日  大阪にて井本勝幸氏による当活動の現地報告会が行われました。(詳細はこちら)
05月10日  青年会議所第43回福岡ブロック大会朝倉大会の平和フォーラムにて、当運動幹事井本勝幸が講演を行いました。(詳細はこちら)
04月10日  九州朝日放送の夕方ニュース「ニュースピア」のなかで当運動の活動が特集されました。(リンク先のサイトで視聴できます。)
04月09日  当運動幹事井本勝幸氏の現地での活動を取材したドキュメンタリーが、テレビ朝日系ドキュメンタリー番組「テレメンタリー」にて放送されました。(リンク先のサイトで視聴できます。)
04月06日  当運動幹事井本勝幸氏の現地での活動を取材したドキュメンタリーが、テレビ朝日系ドキュメンタリー番組「テレメンタリー」にて放送されます。(放送日はこちら)
04月01日  当運動の活動が西日本新聞に掲載されました。
01月06日~01月08日 KBC(九州朝日放送)ニュースピアにて、三日間に渡り私どものご遺骨調査を現地にて取材した映像が放送されました。(1/6放送分 1/7放送分 1/8放送分)

2013年

09月03日 当運動幹事で、現在、ミャンマーの少数民族地域でミャンマーの民主化と和平のために奮闘する井本勝幸氏の本が発売されました。(詳細はこちら)
07月30日 朝日新聞WEB版に掲載されました。
07月30日 朝日新聞付朝刊に掲載されました。
07月29日 厚生労働省内 記者クラブにて記者会見を行いました。
02月15日 首相官邸に衛藤晟一首相補佐官を訪問いたしました。(詳細はこちら)
01月31日 厚生労働省内 記者クラブにて記者会見を行いました。 プレスリリース  御報告
01月02日 読売新聞WEB版に掲載されました。
01月01日 読売新聞一面及び国際面にに掲載されました。

2012年

12月23日 「タイ日教育開発財団」とミャンマー/ビルマ少数民族自治地区に残留する旧日本軍兵士のご遺骨の分布調査実施協力に関する覚書を締結いたしました。